May 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

これまでに 竹炭・竹酢液普及会 に寄せられた ご質問

今回は「竹酢液を入浴剤とした場合」の ご質問 を、まとめてみました。





■質問1
友人が、竹酢液を入浴剤として愛用していますが、どの様な効果がありますか?

□質問1への回答
竹酢液を入浴剤として使用した場合の "効果" は ・・・
 1) 皮膚の活性化
 2) 消臭
 3) 滅菌
 4) 湯ざめ防止
 5) 安眠 etc...



■質問2
皮膚の活性化とは、どの様な事でしょうか?

□質問2への回答
人の細胞は、常時「死滅と再生」を繰り返して、現状維持と成長を図っています。
(俗に「アカ」と呼ばれているのは、"死滅した時の残骸"=老廃物 の事です)
竹酢液には、細胞の活動を活発化するチカラがあり
竹酢液の持つ 多様な成分(ミネラル etc...) は、消臭 や 滅菌 の効果があります。



■質問3
竹酢液を入浴剤として使用する時の注意点は?

□質問3への回答
1) 竹炭・竹酢液普及会 の 竹酢液 は、タール等が除去された 精製された竹酢液 です。
  入浴剤として使用する竹酢液は、必ず!(当社の様な)精製された竹酢液 をご使用下さい。
2) お風呂に入れる量は(通常サイズのお風呂に対し)コップ 1/5〜1/3 を目安に。
3) める目のお湯で、ゆっくり入浴するのが効果的です。



竹酢液は、竹炭・竹酢液普及会 以外のお店でも販売されています。
もし、他のお店の竹酢液 を入浴剤として ご使用 になる場合は、"精製された竹酢液" か、必ずご確認下さい。

◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 竹炭・竹酢液普及会 〜オンライン ショップ〜 (製品詳細
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇

JUGEMテーマ:ネットショップ

竹炭の出来るまで No.3

「竹炭の出来るまで」の つづき です イヒヒ

会長 が、せっせと竹を ・・・



(炭化炉に入れる為の) 容器に詰め終えたらぁ〜 ・・・



炭化炉 に入れて、しっかり扉をします。

ココからが、いよいよ 炭焼き です!

炭化炉 に火を入れ、ゆっくり じっくり 焼いていきます。
その時、会長は ・・・



計器を見ながら 温度管理。

最初は 弱火 で じっくり 焼いていき、その後、強火に切り替え、更に焼いていきます。
ココで気を抜くと、竹炭が 割れたり 欠けたり etc... "良い竹炭" にならないんだとか。
会長の "長年のカン" が発揮される訳ですねぇ〜 ニコニコ

炭化炉 に火を入れたから、約2日 (結構、時間がかかるのです ひやひや) ・・・



ついに 炭出し です ラッキー

いやぁ〜 ・・・



こんがり? 焼き上がってますなぁ〜 イヒヒ
「竹炭・竹酢液普及会」の 竹炭 は、この様な工程を経て、製造されています。

丹精込めて作った 竹炭 ・・・
皆様の生活環境の改善に、少しでも お力 になれたら幸いです。

今後とも「竹炭・竹酢液普及会」を、よろしくお願い致しますね ラッキー

◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 竹炭・竹酢液普及会 〜オンライン ショップ〜 (製品詳細
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇

JUGEMテーマ:ネットショップ

竹炭の出来るまで No.2

竹炭・竹酢液普及会 の商品は、千葉県いすみ市 で製造しています。

炭焼小屋の周りには ・・・



竹林(孟宗竹) があり、原料となる 竹 の伐採から始まります。

竹林 って ・・・

結構いろんな生物がいるんですよぉ〜 ひやひや
都心にはいない 大きめな虫 とか 蛇 とか ヘビ とか 汗

竹炭 を作り始めた当初は『キャー!キャー!』言いならが切っていた様ですが、今ではすっかり慣れて バッサ バッサ と ・・・ たらーっ
随分たくましくなりましたねぇ〜。

その伐採した 竹 を ・・・



炭焼小屋 に持って行き、会長 と 奥さん 自ら ・・・



電動ノコギリ で 切断していきます ニコニコ



更に、手作業で 小さく 切っていってぇ〜 ・・・



小さくなった 竹 を、(炭化炉に入れる為の) 容器に詰めていきます ラッキー

そしてぇ〜 ・・・

つづく イヒヒ

◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 竹炭・竹酢液普及会 〜オンライン ショップ〜 (製品詳細
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇

JUGEMテーマ:ネットショップ
<<back|<123456>|next>>
pagetop